しわ 原因

しわの原因とは

どういった原因で、しわが増加するのでしょうか。しわというのは、あるとどうしても老けて見えてしまうのでいやなものです。なぜ、しわはできるでしょう。肌が水分を失ったり、紫外線を浴びたり、筋肉量が減ることがしわの原因になります。紫外線ですが、晴れの日だけではなく曇っている日でも降り注いでいると言う事はよく知られています。ヒアルロン酸やコラーゲンなど、肌の水分を保つ作用がある成分は、紫外線の働きによって減少してしまうものです。しわ予防には紫外線対策が必要だということは以外と盲点のようです。長時間、強い紫外線を肌に受けていると、肌の真皮層に存在するコラーゲンやエラスチンが紫外線に分解されてしまいます。一度破壊された成分は、肌の弾力を保つ事ができずにたるんできてしまいます。しわは、肌のたるみとたるみが折りかさなった部分にできます。しわの原因を作らない為には、日焼け止めを毎日塗って、紫外線にあたらないようにしなくてはいけません。紫外線の影響は肌に蓄積されます。30歳前は紫外線を受けてもしわができないように見えるのは表層のみの話です。肌の新陳代謝が低下する30代に入ったころから、紫外線が原因のしわが目立つようになりますので、早い段階でのしわ対策が重要になります。

しわの原因と乾燥

水分を失った肌がたるむことが、しわができる原因になります。お風呂上りや洗顔後などすぐにローションなどを使って、保湿しないと肌が乾燥してしまいます。表皮の外層は角質化しており、角質層といいます。ここが乾燥によってはく離しやすくなります。乾燥が進んでこの角質層が剥がれると隙間ができます。乾燥が進めば進むほど肌は水分が減ってしなび、しわが目立つようになりますが、角質層に亀裂が入ればより蒸発は進みます。乾燥はしわが増える原因の一つであり、肌が乾きすぎるとしわも増加します。肌の炎症や化膿など、肌トラプルが発生する原因には、肌を刺激から守るバリア機能が乾燥で弱ることも関わっています。バリア機能が失われたお肌は紫外線などの刺激にも弱くなってしまうので、さらにしわやたるみの原因になるわけです。何をすれば、しわの原因になる乾燥を防ぐことができるのでしょうか。お風呂や洗顔などで、石鹸や洗顔剤を使った後は、なるべくすぐにローションを使って肌を潤す事が必要です。肌に水を与えた後に保湿クリームを用い、肌の乾燥を予防するのがコツです。肌を乾燥させるとしわの原因になります。水分を補給するだけでなく、水分が逃げないようにすることも大事です。

しわの原因と筋肉の老化

皮膚を支える筋肉が弱くなると、しわの原因になりえます。顔のしわというのは目の下、目のワキ、口元、ほうれい線など表情を動かす時に、あまり使われないところにあらわれます。しわができる原因に、皮膚をよく動かすからという場所もあります。顔のしわに関しては顔の筋肉である表情筋が老化することによって、かお全体がゆるみ、さらに肌のたるみとなってあらわれるようになります。皮膚が水分を失い、たるみやすくなるのが、しわの原因です。表情筋が加齢などで衰えると、お肌の状態はどのようになるものなのでしょうか。表情筋が頬の皮膚を頬骨の上で支えていた場合、頬骨が張り気味の人なら頬がふっくらと見えますが、筋力が下がれば皮膚が垂れやすくなるでしょう。肌のたるみがひどくなると、徐々にほうれい線が目立つようになってきます。目の下のしわは、たるみがなくなった皮膚が重力で引かれて、目の下にある頬の皮膚がまるまる垂れさがるためです。目の下にしわができるほど引っ張られると、合わせて目の脇辺りも垂れてきて、ちりめんしわといわれるものができてしまうのです。顔は1枚の皮膚でできていますので、一つ皮膚が垂れさがる部分があればそこが起点になって、さらなるしわができます。人の皮膚は、様々な原因でしわができます。日ごろ、お肌のコンディションをよく確認して、スキンケアを行いましょう。